細胞再生縮毛矯正はアラジンの専売特許です

 

縮毛矯正,美容室アラジン

 

アラジンの縮毛矯正、レストレーション縮毛矯正は髪細胞再生縮毛矯正です。それは、どんなダメージ毛であっても毛先まで薬品塗布することから始まります。ブログにて縮毛矯正をされている美容師さの反響があったのですが、写真のモデルさんの毛先はかなりのポーラス毛、もちろんブリーチ毛です

 

髪ダメージはイコールS-S結合(細胞の連鎖)の崩れによるものです。毛髪内部のタンパク質類の減少によりS−S結合は簡単に崩れます。一般の美容師や此れまでの理論では、タンパク質の結合などと言っていますが、ビミョーに違ってます。毛髪内部で崩れてしまったS−S結合(細胞の連鎖)を一度断ち切り再構築する必要があります。骨折した骨を手術でつなぎ合わせるようなものです。

 

どんなMelty hair(溶けてる髪)でも毛先までビッシッと手直ししてきます!!これがアラジン流荒療治です。荒療治は確かに痛みを伴います。でも、S-S結合が崩れたままでは細胞再生システムが発動しません。細胞再生システムが発動するには正しい記憶を遺伝子に組み込む必要があるのです。

 

ここからが髪細胞再生プログラムの出番となります。髪再生メカニズムとは異物除去から始まり細胞そのものに栄養を吸収させなければなりません。髪ダメージは皮膚の裂傷ややけどと同じと考えていたDければ、どれほどのものかはご理解していただけると思います。コーティング剤やオイルで誤魔化すことなく髪本来の姿に戻すことが、アラジンの縮毛矯正なのです。

関連ページ
縮毛矯正事情
アラジンの縮毛矯正は特殊で、髪細胞を蘇らせるための一つの手段として用いられています。これまでの縮毛矯正と違い樹脂を全く排除した完全薬剤調合とレイラスを使用した細胞再生術でダメージ毛を蘇らせることに成功しました。
縮毛矯正技師
アラジンの縮毛矯正は特殊で、髪細胞を蘇らせるための一つの手段として用いられています。これまでの縮毛矯正と違い樹脂を全く排除した完全薬剤調合とレイラスを使用した細胞再生術でダメージ毛を蘇らせることに成功しました。
縮毛矯正専門店アラジンの歩み
アラジンの縮毛矯正は特殊で、髪細胞を蘇らせるための一つの手段として用いられています。これまでの縮毛矯正と違い樹脂を全く排除した完全薬剤調合とレイラスを使用した細胞再生術でダメージ毛を蘇らせることに成功しました。