最新縮毛矯正事情

 

数年前より現在のアイロンを使用する縮毛矯正が始まり、多くの美容室が縮毛矯正専門店として名乗りを上げています。
本来、縮毛矯正は美容師のテクニカル部分が非常にウェートを占めるものであり、技術者によって良し悪しがはっきり出ます。
たとえば、アイロン工程においても左右違う技術者によって行われた場合、仕上がりの違いがはっきり出てしまいます。「右はのびてるけど左はちりちりになった!!」アラジンにはそんなお客様が救いを求めて大勢いらっしゃいます。
縮毛矯正は手間が掛かり時間も掛かる、そんな理由で一人のお客様に対し2人ががりで施術をしているお店はNG!!です。
最近ではあまり聞きませんけどね。。。美容室経営スタイルも変わって、面貸しシステムという個人事業主制度を導入している美容室も増えています。確かに一人のお客様に対し、オンリーワン技術者で施術を行うことは施術内容からいっても良いことなのですが、こうした美容経営の背景には、美容室経営者が技術者に対し責任を持っていないという問題があります。一例をあげれば、ペーパー美容師が入社した次の日にはアイロンもってお客様の施術に当たります。何の技術指導もないままに施術させるのです。当然、未術な技術者は失敗します。失敗こそが技術成長につながるのですが、この場合は何故失敗したのかもわからないまま終わってしまいます。
経営者は美容免許さえ持っていれば仕事ができると思っていますからね。
このサイトでは、こうした美容業界が抱えている問題点を真っ正直にえぐりながら、アラジンが掲かかげる次世代型縮毛矯正「髪細胞再生縮毛矯正」の極意と、髪細胞再生理論を皆さんにお伝えしていきます。アメーバ―ブログ記事と並行していますので、早読みご希望の方はどうぞそちらへも是非お立ち寄りください。http://ameblo.jp/reiras0092/

関連ページ
縮毛矯正技師
アラジンの縮毛矯正は特殊で、髪細胞を蘇らせるための一つの手段として用いられています。これまでの縮毛矯正と違い樹脂を全く排除した完全薬剤調合とレイラスを使用した細胞再生術でダメージ毛を蘇らせることに成功しました。
細胞再生縮毛矯正
アラジンの縮毛矯正は特殊で、髪細胞を蘇らせるための一つの手段として用いられています。これまでの縮毛矯正と違い樹脂を全く排除した完全薬剤調合とレイラスを使用した細胞再生術でダメージ毛を蘇らせることに成功しました。
縮毛矯正専門店アラジンの歩み
アラジンの縮毛矯正は特殊で、髪細胞を蘇らせるための一つの手段として用いられています。これまでの縮毛矯正と違い樹脂を全く排除した完全薬剤調合とレイラスを使用した細胞再生術でダメージ毛を蘇らせることに成功しました。